スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判(産経新聞)

 夫(35)とともに2歳の長男をごみ箱に長時間閉じこめて窒息死させるなどしたとして、監禁致死罪などに問われた無職、菅野理香被告(35)の裁判員裁判の第2回公判が24日、東京地裁(井口修裁判長)で開かれた。菅野被告は被告人質問で、夫の暴力を恐れ、長男を助けられなかったと証言した。しかし、証人として出廷した夫は「妻が自分を恐れていることはなかった」と証言。言い分は食い違う一方、法廷で長男に対する思いは語られなかった。

 夫=同罪で懲役11年が確定=は、就寝時に長男の手足をベッドに縛り付けるようになったきっかけについて、「長男が下腹部を触る癖を治すために、(菅野被告に)手伝ってほしい」と頼まれたからと証言。しかし、菅野被告は「(夫から)触らないように縛っておけ」と命令されたと述べた。

 夫が長男をごみ箱に入れた際も「心配していたが、手出しすると暴力をふるわれるので、助けられなかった」とし、「ごみ箱の中にいた方が長男も安全だった」と釈明した。

 裁判員として夫の公判を担当した男性は「夫婦の主張がまったく逆で驚いた。夫の公判に菅野被告が出廷し、証言していたら、夫の刑の重さも違う結果になっていたかもしれない」と、判断の難しさを語った。

【関連記事】
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬
2歳長男虐待死公判 夫の公判担当の裁判員「あれでよかったのか…」
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死
逮捕の母、自身のブログに「綾音はお空へ帰っていきました」 堺女児虐待死事件
あれから、15年 地下鉄サリン事件

2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)
「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山(時事通信)
医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換-厚労省(時事通信)
スポンサーサイト

阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)

 大阪大は24日、深夜に女子大学院生を研究室に誘い込み、2人きりになったとして、大学院言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 阪大によると、准教授は助教授だった平成12年5月に開かれた教員と学生との懇親会の後、深夜に女子大学院生だった女性を研究室に誘い込んだ。女性が20年11月に「研究室で乱暴された」と阪大に被害を訴え、阪大が調査。調査に准教授は懇親会当日、酒に酔っい、研究室に行ったことは認めたが、「その後のことは覚えていない」と話したという。

 阪大は乱暴の事実は確認できなかったとしたが、「研究室で性交渉の事実を疑われるような状況を作り出したことは確認できた」として処分を下した。

 鷲田清一総長は「教育研究上、維持されるべき良好な環境および秩序・風紀を著しく害したことは誠に遺憾」とのコメントを発表した。

【関連記事】
成蹊大教授、セクハラとアカハラで懲戒免職 約3年間、尻や胸触る
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ
大阪市立大をアカハラ放置で提訴へ 東京地裁に
下関市大教授が学内で十数人にパワハラ・アカハラ、諭旨解雇
中央大法教授 女子学生にセクハラとアカハラ 大学側処分検討
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)
小林氏陣営幹部ら2人を起訴…北教組事件(読売新聞)
国民新、プロレスラー西村氏を擁立(産経新聞)

大東で火災、焼け跡に1遺体(産経新聞)

 25日午前5時50分ごろ、大阪府大東市北条の4棟続きの住宅から出火。木造2階建ての住宅延べ約310平方メートルを全焼したほか、北に隣接する木造3階建て民家も一部焼けた。住宅の焼け跡から1遺体が見つかった。住宅に住んでいた80代の男性の行方が分からなくなっている。

<前原国交相>八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続(毎日新聞)
<JAL>一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
<温室ガス25%減>原発稼働率88%必要 国環研試算(毎日新聞)
<盗撮容疑>名古屋高検検事を書類送検 スカート内を携帯で(毎日新聞)
中井氏、警護官と別行動なら問題=週刊誌報道で自民総裁(時事通信)

空港事業認定は適法=「公益上の必要あった」-静岡地裁(時事通信)

 静岡空港建設に絡み、未買収用地の強制収用を認めたのは違法などとして、地権者らが国に土地収用法に基づく事業認定の取り消しを求めた訴訟の判決が18日、静岡地裁であり、川口代志子裁判長は「収用すべき公益上の必要があり適法だ」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。
 原告側は、静岡県の過大な空港需要予測に基づく事業認定を違法と主張したが、「予測と実際の結果に異なる部分があっても、事業認定当時の予測としては合理性を是認できる」と退けた。
 また、空港西側私有地に開港直前まで航空法上の高さ制限を超える立ち木が残ったことについては「事業に多大な影響を及ぼす可能性があった」と指摘。しかし、「収用の瑕疵(かし)が違法になるとまではいえない」と国側の主張を認めた。 

10年度予算、24日成立=民・自が採決で合意(時事通信)
<札幌7人焼死>5人目の身元を確認 74歳の女性入所者(毎日新聞)
<中大教授刺殺>「被告の責任能力は限定的」主張へ 弁護側(毎日新聞)
<東アジア共同体>5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
<銭湯>三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)

普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】コンウェー米海兵隊司令官は17日、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題が決着しなかった場合の対応に関し「当然現状のままだ。(現在の飛行場を拠点に)作戦を行い、部隊を展開させ、地域の安全を保障していく」と述べた。米政府関係者と軍高官が継続使用の方針を明言したのは初めて。議会内で記者団に語った。

 日本政府が、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖に移設するとした現行計画を変更し、交渉が暗礁に乗り上げた場合を想定した発言とみられる。

 コンウェー氏はまた、「(鳩山政権による)5月決着を期待している。これ以上の遅れは日米合意に基づく2014年の完了予定を危機にさらすからだ」と語った。

 鹿児島県奄美群島の徳之島への移設案については、「われわれの懸念は地上兵力と航空部隊の一体性が維持できるかだ」と否定的な考えを表明した。

【関連記事】
普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」
普天間移設の政府案は「非公表」 決定は4月ずれ込みの公算 
「ホワイトビーチ案困難」 沖縄知事、陸上案も批判
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘
ぎくしゃく日米関係 国務次官補の訪日中止に普天間の影
20年後、日本はありますか?

首相と補佐官、「結束」確認=政権発足半年で初会合(時事通信)
東アジア共同体 5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
<S-1>初の総合王者にNON STYLE 1億円獲得(毎日新聞)
伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ-審議会答申(時事通信)
<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

隠れ大イチョウ、根付き可能性は「90%」(読売新聞)

 強風で倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)の大イチョウは13日、根元部分が上部と切り離され、本格的な移植作業が始まった。

 作業を指導している東京農業大の浜野周泰教授(造園樹木学)は記者会見で、移植した幹が根付く可能性について、「12日時点で、90%は見込めると判断した」と説明した。移植作業は15日にも一段落し、移植されたイチョウが公開される見通し。

 11日に始まった移植作業はこの日が2日目。午前11時45分頃、まず根元部分約4メートルと、さらに上の部分の幹をチェーンソーで切断した。浜野教授らが根元部分の状況を確認する一方、数メートル離れた移植場所で掘削・整備作業が進められた。周りは幕で囲まれているが、多くの参拝客が足を止め、わずかに見える作業の様子を見守った。

 浜野教授の説明によると、大イチョウは、直径30~50センチの5本の大きな根で幹を支えていたが、今回の倒壊で5本すべてが切れたが、幹の根元部分の周囲には、細い根が多数残っていた。残った根が養分を吸い上げられる力に合わせて、移植する部分の大きさを決めたという浜野教授は「幹があまり養分を必要としない寒い季節に倒れたのが、不幸中の幸いだった」と語った。しかし、移植に温暖な気候は悪条件で、浜野教授は「高温、乾燥が続くと、日よけや散水などを行っても、根付く確率は落ちていく」と、楽観はできない状況であることも説明した。

 14日以降の移植作業は、根を十分に殺菌したり、植える地面の水はけを良くしたりして根腐れを防ぎ、慎重に植え付けを行う予定。順調に根付いたかどうかを判断するには、これから約2年間、様子を見る必要があるという。

 一方、地面に残った根から、若い茎「ひこばえ」が伸びる期待もある。こうした茎は、失われた元の幹に代わって太く育つことがあり、すでに昨年伸びた若い茎も数本あるという。浜野教授は「ひこばえを数本残して、10年ほど様子を見ながら、育ちの良いものに集約して行くことになるだろう」と話した。

 浜野教授の説明を聞いて、同八幡宮では「力強い話をいただいた」(国生護衛禰宜(ねぎ))とし、大イチョウの再生を今後、〈1〉元の幹の移植再生〈2〉地中に残った根から新たに出る茎(ひこばえ)の育成〈3〉挿し木等による増殖――の3通りの方法で進める方針。この日、切断した上部の幹は外部に出さずに保存して、調査・研究に生かす一方、枝については現在、県自然環境保全センター(厚木市)に提供して挿し木を試みているという。

性犯罪前歴者、出所後の所在不明1割(読売新聞)
30日以内交通死、過去最少=高齢者が初の過半数-警察庁(時事通信)
「仕返し」ハトふん害、隣家に216万賠償命令(読売新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
小学校放課後事業、河村市長が選定委員呼び出す(読売新聞)

自殺報道の照会、原口総務相「事実関係調べる」(読売新聞)

 原口総務相は13日、総務省の課長補佐が東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の自殺に関し、在京民放テレビ局5社に報道の内容や取材手法を問い合わせていた問題について、「事実関係を調べる」と述べ、早急に調査する考えを示した。

 佐賀市内で記者団に答えた。

 課長補佐が、原口氏がツイッター(簡易投稿サイト)に自殺予防のための世界保健機関の手引を書き込んだのを読み、自分の判断でメールを出したとしていることについては、「ツイッターで、誰かが(手引に関する書き込みをして)聞いてきたので答えた」と語った。

<日米密約>自民、歴代政権を擁護 麻生氏「承知してない」(毎日新聞)
学士院賞に山中教授ら11人(産経新聞)
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」(産経新聞)
春の琵琶湖へ ウェルかめ!(産経新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)

<奈良県警>現金授受の警官 組関係者から200万円の借金(毎日新聞)

 奈良県警の捜査員2人が暴力団関係者から現金などを受け取ったとされる疑惑で、うち男性警部補(48)が、暴力団組長を介して少なくとも約200万円を借金し、返済していないことが捜査関係者への取材で分かった。県警は事実上の現金授受だった疑いがあるとみて、捜査情報の漏えいなどについても調べている。

 捜査関係者によると、2人は橿原署地域課に所属する警部補と男性巡査部長(56)。組織犯罪対策2課にいた約3年前と約5年前、それぞれ暴力団関係者から現金数万円や腕時計を受け取った疑いが持たれている。さらに警部補は、組長を介して大阪府吹田市の不動産会社経営の女性から借金し、借用書も作成していたが、このうち約200万円を返済していないという。

 この組長の実子が昨年12月、女性から約2550万円をだまし取ったとして、大阪府警に詐欺容疑で逮捕された。府警の調べで、奈良県警の捜査員が女性に組長を紹介した疑惑が浮上したという。

 県警の調べに対し、2人は組長と交際していたことは認めているが、情報漏えいは否定しているという。【上野宏人、高瀬浩平】

【関連ニュース】
詐欺容疑:ETC車種登録偽り、観光バス運行 千葉
詐欺容疑:社から1千万円、佐川急便元係長を逮捕 警視庁
バルチックカレー:運営会社に賠償命令 資金詐取を認定
内職教材商法:詐欺容疑で元社長ら逮捕 千葉県警
サイバー犯罪:9年連続で最多を更新 警察庁09年まとめ

性同一性障害児童・生徒抱える学校の苦悩 トイレや着替え場所、名前の変更…(J-CASTニュース)
普天間移設 官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
啓蟄 大型の珍チョウ「オオゴマダラ」羽化 伊丹市昆虫館(毎日新聞)

サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)

 全国の自治体が管理するサーバーのうち、少なくとも193団体のサーバーが、サイバー攻撃を受けた場合、簡単に不正アクセスを許す恐れがあることが総務省所管の財団法人「地方自治情報センター」の内部資料で分かった。

 住民の個人情報漏えいにもつながりかねない危険な状態だったが、54団体は発覚後も「財政難」などを理由に対策をとっていなかった。専門家は「公共性の高さを自覚し、計画的な改善を進めるべきだ」と主張している。

 同センターには約1400の都道府県や市区町村などが加盟。毎年、サーバーの安全性などを調べているが、調査結果を公表しておらず、自治体の管理状況が明らかになるのは初めて。

 2008年度は647団体(サーバー3467台)を対象に調査。その結果、問題あるサーバーが全体の3割にあたる193団体で見つかり、うち70団体は特に大量の問題を抱え、「至急改善が必要」とされた。

 中には、住民の個人情報を扱いながら、10年以上前に欠陥が発覚した古い暗号化システムを使っているサーバーが495台もあった。また、5年前にソフトウエア会社のサポート期間が終了し、セキュリティー対策が一切とられていない基本ソフトウエアを搭載するサーバーも27台あった。いずれも、センターは「使うこと自体が問題」と指摘する。

 調査で「安全性に問題がある」と指摘された自治体の28%にあたる54団体は、調査後に実施した自治体へのアンケートでも、「予算がない」「たいしたことではない」などの理由で、今後も対策をとらないと回答していた。

 総務省では「自治体のサーバーはネットワーク化されており、一つの障害が全国に波及する恐れがある」として、自治体にセキュリティー強化を促している。だが、実際には不正アクセスによるサイト改ざんなどが後をたたず、高松市では08年5月にサイトが改ざんされて利用者が別のサイトに飛ばされ、ウイルス感染の危険にさらされている。

 ◆サーバー=複数のコンピューターと接続してネットワークの要となり、データなどを集約したり、提供したりするコンピューター。自治体のサーバーには「メールサーバー」や公式サイトを閲覧させる「ウェブサーバー」などがある。

野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
<遭難>スノボの3人 新潟のスキー場(毎日新聞)
日赤、職員2人を追加派遣=チリ大地震(時事通信)

<ツイッター>災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に(毎日新聞)

 原口一博総務相は、短文投稿サイト「ツイッター」を災害情報の伝達に利用できるか検討するよう消防庁などに指示した。5日の記者会見で明らかにした。

 チリ大地震で津波が押し寄せた先月28日、原口氏は官邸の危機管理センターに入る各地の潮位などの情報をツイッターで50回以上にわたり投稿。「速報性があった」との評価の声の一方、「他にやるべきことがあるのでは」との批判も受けていた。

 原口氏は会見で「緊急時の情報を政治家の言葉でしっかりと流し、安心のメッセージを出していくことはとても大事」と述べ、政府もツイッターを積極的に活用すべきだとの考えを示した。

 第三者が政府関係者を装って、にせ情報を流す恐れがあるとの指摘に対しては「私のサイトは6万人近くが見ており、(にせ情報であれば)誰かが気づく。(参加者の多い)ツイッターは『なりすまし』のできるメディアではない」と反論した。【望月麻紀】

【関連ニュース】
チリ大地震:鳩山首相が哀悼の意 大統領と電話で協議
チリ大地震:日本の医療チーム 派遣見合わせ要請
原口総務相:ツイッターで津波情報発信
チリ地震:日赤あて義援金の現金書留は無料に
チリ大地震:銅価格が上昇…供給減を懸念、生産は再開

<火災>団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス(毎日新聞)
「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表-死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
<普天間移設>ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
朝の京阪電車踏切で女性死亡 1万1千人に影響(産経新聞)
4221人を門前払い=国公立大入試の中後期日程-文科省(時事通信)

派遣法改正で修正案=共産(時事通信)

 共産党の志位和夫委員長は3日の記者会見で、厚生労働省がまとめた労働者派遣法改正案の要綱に対する修正案を発表した。「製造業派遣や登録型派遣の禁止」の例外規定撤廃や、最長5年とされる登録型派遣禁止の猶予期間短縮などが内容。志位氏は「(厚労省案は)前向きな面はあるが、一番大きなところで二つの大穴が開き、改悪部分もある」と指摘した。 

殴るける、つまようじで刺す… 法政高校の教諭を異常な体罰に走らせた理由は? (産経新聞)
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
地域主権2法案を閣議決定(時事通信)
<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)

防災無線一部で放送できず=更新アンテナ取り違え-高知(時事通信)

 チリ大地震の影響で先月28日、太平洋沿岸の広い地域で津波警報などが発令された際、高知県東洋町の一部で防災無線を放送できなかったことが4日、分かった。業者が県の防災無線アンテナを取り替える際、誤って東洋町のアンテナを撤去したことが原因という。
 県危機管理部によると、事前に行った現地調査の段階から、業者が撤去するアンテナを取り違えており、2月28日午前9時半ごろ同町庁舎にある町のアンテナを撤去したという。
 メーカーも型も一緒だったが、周波数が異なるため、同町の一部で津波に関する放送が伝わらず、消防車や同町職員が直接住民の避難誘導を行った。3月1日午後には復旧した。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震~M8.8の巨大地震~
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
邦人全員の無事確認=チリ大地震で

首相、小沢氏が会談へ(時事通信)
訃報 南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)
平野官房長官、沖縄基地問題検討委の打ち切り示唆 首相は否定(産経新聞)
議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で-菅財務相(時事通信)
北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)

<三遊亭楽太郎さん>六代目円楽を襲名(毎日新聞)

 落語家の三遊亭楽太郎さん(60)が六代目三遊亭円楽を襲名し、2日に東京・帝国ホテルで披露会見とパーティーが行われた。

 六代目円楽さんは、昨年10月に76歳で死去した五代目円楽さんの弟子。テレビの人気番組「笑点」などで活躍してきたが、78年に師匠らと落語協会を脱退した経緯があり、常設の寄席には出られなかった。だが、今回は落語芸術協会の計らいで、東京・新宿の末広亭などでも襲名披露興行(21~30日)を行う。

 会見では「涙が流れました。一つは寄席に出られるうれし涙。寄席に来たお客様に楽しんでいただければ、落語界のためになると思う。もう一つは悔し涙。披露口上に師匠がいないこと」と涙をこらえながら語った。

 芸術協会会長の桂歌丸さん(73)は入院中だったが、一時退院して会見に出席。「急に肺炎になって、はいえんな騒ぎになりまして」と笑わせた後、「円楽さんには立派な大看板になっていただきたい」と期待を込めて語った。パーティーには病気療養中の立川談志さん(74)ら約750人が参加した。

 襲名披露興行は3日に高知県民会館でスタートし、全国約100カ所で行われる予定。【油井雅和】

【関連ニュース】
桂歌丸さん:横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で
質問なるほドリ:落語家の団体はなぜいくつもあるの?=回答・油井雅和
桂歌丸さん:肺炎で緊急入院
訃報:三遊亭円楽さん76歳=落語家、「笑点」の元司会者
玉置宏さん死去:「大衆芸能振興に尽力」 追悼の声続々 /神奈川

チリ地震、半世紀前も=津波襲来、140人死亡(時事通信)
<大津波警報>青森~宮城に発令 午後到達、最大3メートル(毎日新聞)
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡(産経新聞)
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金(産経新聞)
<聖書>新たに翻訳始める 16年出版予定(毎日新聞)

<掘り出しニュース>被告が法定で読経 裁判長「だいたい合ってるね」(毎日新聞)

 【福岡】覚せい剤取締法違反などの罪に問われた男に対する裁判員裁判の公判が24日、福岡地裁であった。「拘置所で般若心経を写経している」と語った男に、裁判長が実際に読経させる一幕があった。

 男は福岡県小竹町の元暴力団組員、金子雅也被告(36)。法廷では「拘置所で写経している」「在家僧侶を目指して通信教育で勉強している」などと、反省の態度を示した。

 これに対し、林秀文裁判長が「失礼だけど、(経を)上げてごらん」。被告は裁判員らが注視する中「はんにゃーはーらーみーたー」と約1分間にわたって読経。終わると林裁判長から「うん、だいたい合ってるね」と声を掛けられた。

 金子被告は、無職男ら4人=同罪で実刑判決を受け控訴中=に、小分けした覚せい剤約1・1キロを飲み込ませるなどしてタイから日本に持ち込んだとして起訴された。検察側はこの日の公判で懲役15年、罰金800万円を求刑した。【和田武士】

【関連ニュース】
名古屋女性殺害:被告が控訴取り下げ 懲役17年判決確定
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:取り調べDVDを上映 佐賀の強盗殺人事件
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認

ZVI FALCON
採用窓口に無言電話1200回超=「癒やされたい」、32歳男逮捕-警視庁(時事通信)
自民、審議復帰を模索=国会正常化へ動き(時事通信)
<盗撮>容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警(毎日新聞)
予算案が2日夜に衆院通過=年度内成立へ-「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)

津波警報を注意報に、東京湾から三重までなど(読売新聞)

 南米チリ沖で27日早朝(日本時間27日午後)に発生した地震で、気象庁は28日午後9時13分、太平洋側の地域に出されていた津波警報の一部を注意報に切り替えた。

 注意報に切り替わったのは、北海道太平洋沿岸西部、東京湾内湾、伊豆諸島、小笠原諸島、相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、伊勢・三河湾、三重県南部。青森県日本海沿岸では津波警報が解除された。

 また、北海道日本海沿岸南部、オホーツク海沿岸、陸奥湾では津波注意報が解除された。

<大津波・津波警報>北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)
<環境省審議会>戦略アセスメント答申 計画検討で義務化(毎日新聞)
定員最多の阪大は7265人 国立大2次試験、教育・看護が人気(産経新聞)
大型トラックが衝突、軽ワゴンの3人死亡(読売新聞)
修学旅行中に体罰、法政大高2教諭を懲戒解雇(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。