スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<社会保障調査>「食料買えない」経験ある15%…07年(毎日新聞)

 過去1年間に経済的理由で必要な食料を買えなかった経験のある世帯が15.6%(07年時点)に達することが24日、国立社会保障・人口問題研究所が初めて実施した社会保障実態調査で分かった。厚生労働省が10月に初公表した相対的貧困率15.7%(06年が対象)と、ほぼ同じ割合。経済的理由などから医療機関に行けなかった世帯も2%あった。調査は07年7月1日現在で実施し、全国の1万766世帯から有効回答を得た。

 「過去1年間にお金が足りなくて家族が必要とする食料が買えないことがあったか」を尋ねると、77%は「まったくなかった」と答えたが、よくあった2.5%▽ときどきあった4.5%▽まれにあった8.6%で、計15.6%が食料が買えない事態を経験していた。母子家庭など「一人親世帯・2世代」に限ると、計38.4%が経験していた。

 相対的貧困率とほぼ同じ点について同研究所は「偶然だろうが、食料の側面でみると実際に約15%の困窮者がいると言えるだろう」と分析している。

 一方、過去1年間に世帯内の人が医療機関に行ったかを尋ねたところ、行かなかった世帯は11.5%。このうち「健康ではなかったが行けなかった」のは17.0%で、全世帯の2.0%を占めた。理由は自己負担割合が高いなど経済的理由が38.4%と最多。多忙など時間的理由27.0%▽健康保険に未加入14.2%--などが続いた。【佐藤浩】

Lyell Thayerのブログ
通信系のニュース
債務整理・自己破産
ネイルサロン
2ショットチャット
スポンサーサイト

普天間、与党3党「5月までに結論」…防衛相(読売新聞)

 北沢防衛相は22日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場移設問題の結論を出すめどについて、民主、社民、国民新の与党3党が来年5月を期限として新たな移設先を探すことで合意していることを明らかにした。

 防衛相は「(与党3党が)5月ということで日程を区切った。できる限り急いでやるべきだ」と説明した。

サンゴ語って知ってますか?
My First JUGEM!
競馬情報
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化 比較

<鳩山首相>「暫定税率維持」小沢氏の影響否定(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日夜、ガソリン税などの暫定税率を廃止する一方、別の税制で同水準の税率を維持する判断について「私の頭の中で最終的に結論を出した。小沢(一郎・民主党)幹事長からの言葉で翻ったという話ではない」と述べ、「暫定税率維持」を求めていた小沢氏の影響を否定した。首相官邸で記者団に語った。

 ただ、首相は21日には関係閣僚に税率引き下げを指示している。それが22日朝には「(税率を)5円戻す(引き下げる)という発想は姑息(こそく)ではないかという国民の声があった」と姿勢を改めた。小沢氏の反発で再調整に入った経緯を事実上認めた格好だが、最後は自分で決めたと強調することで「小沢氏主導」との批判を封じたかったようだ。【影山哲也】

【関連ニュース】
子ども手当:地方負担、児童手当と同程度 首相決断
国民栄誉賞:故森繁久弥さんに贈る 首相官邸で表彰式
鳩山首相:「政治主導」を官僚に釈明
鳩山首相:普天間移設で公明代表と会談
鳩山首相:小沢氏の要請示唆…暫定税率の現行水準維持

ますみのブログ
t477xr7jの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 即日

綾瀬車両基地

綾瀬車両基地(あやせしゃりょうきち)は、東京都足立区にある、東京地下鉄の車両基地および車両工場の総称である。車両基地の綾瀬検車区(あやせけんしゃく)、車両工場の綾瀬工場(あやせこうじょう)から構成される。最寄り駅は北綾瀬駅。概要本車両基地は綾瀬駅から北に約2.5kmほど離れており、その引き込み線を旅客営業用として千代田線北綾瀬支線として使用している。北綾瀬支線の終点、北綾瀬駅を直進すると綾瀬車両基地に至る。敷地は南北方向に750m、東西方向に190m、面積141,810m?の広大な敷地を持つもので、現在も東京地下鉄として最大の敷地を持つ車両基地である。入庫する列車から見て左側には綾瀬工場があり、右側には保線用車両の資材置き場がある。そのまま進むと左右に広がる1番面の留置線への分岐となる。そのまま直進すると正面に月検査庫・気吹室の建屋と列車検査庫の建屋がある。その左側には留置線が、右側には車両洗浄線・洗浄台がある。この車庫用地は元々が田畑や沼地などの湿原地帯であったため、地盤が非常に軟弱であった。このため、千代田線建設工事で発生した残土を用いて2.5mの盛土をして造成を行った。また、用地買収を行った際、地権者との条件から付近に駅を設置することと、横断歩道橋を設置することが条件とされたため、綾瀬検車区の最南部と中央付近に横断歩道橋がある[1] 。なお、前述した駅の設置条件は北綾瀬駅を設置することで、綾瀬 - 北綾瀬駅間を1979年(昭和54年)12月20日に正式に旅客営業線として開業した。代々木公園の留置線本車両基地とは別に、反対側の終端駅である代々木上原駅の近くにある代々木公園駅付近には、10両編成8本が留置可能な留置線がある。この留置線は引き上げ線1線と反対に留置線8本を持つ構造である。引き上げ線にはプールピットも有し、車両の点検も可能であるが、日中や夜間の車両留置に使用するものである。綾瀬検車区1969年(昭和44年)9月に準備事務所として発足し、12月に綾瀬検車区として正式に発足した。当初は千代田線車両のみを担当していたが、有楽町線開業後は同線内に飯田橋検車区が設けられていたが、同線用の7000系の主要な検車業務や車両留置も担っていた。ただし、1987年(昭和62年)の和光検車区開設後は同車庫に移管されている。現在も有楽町線や副都心線、南北線の車両の新車搬入の各種整備や報道向け公開は本検車区で行われている。隣接する綾瀬工場への入場のために、有楽町線、副都心線や南北線、埼玉高速鉄道の車両が入区する。敷地面積:141,810m?車両留置能力:273両 最終的な収容計画は以下のとおりで、10両編成41本(410両)である。ただし、現在も余力があるため、留置線はすべて敷設使用していない。月検査線10両2線気吹庫 10両1線列車検査庫10両3線転削線 1線車両洗浄台10両3線車両洗浄機 2基引上線 10両4線留置線 10両33線所属車両5000系電車 - 6両6000系電車 - 353両06系電車 - 10両沿革1967年(昭和42年)2月 - 綾瀬検車区の建設工事着手1969年(昭和44年)9月18日 - 綾瀬検車区準備事務所発足1969年(昭和44年)10月31日 - 綾瀬検車区の土木工事完成1969年(昭和44年)12月20日 - 綾瀬検車区発足1970年(昭和45年)7月 - 綾瀬工場の建設を開始 1971年(昭和46年)7月20日 - 綾瀬工場完成・発足1979年(昭和54年)12月20日 - 車庫への引き込み線を旅客線化、綾瀬 - 北綾瀬間として開業する綾瀬工場1971年(昭和46年)7月に綾瀬工場が発足した。千代田線、有楽町線、副都心線、南北線、埼玉高速鉄道の車両の検査を担当している。従来の営団では1路線1工場を設けてきたが、将来的に他路線の検査も受け持つことを計画していたため、年間検修能力1,500両程度を持つ工場として造られた。ただし、その後は検査周期の延期が実施され、現状ではこの施工能力は不要である。入出場線は縦に5両まで入線でき、左右に5両分ずつの仮置き場があり、天井クレーンを使用して車体は仮置きされ、整備される。整備対象の機器は取り外され、それぞれの担当職場へと運ばれる。検修能力を高めるために工場内は流れ作業で検査作業を行えるよう合理的にレイアウトされている。検査担当車両千代田線5000系電車6000系電車06系電車有楽町線・副都心線7000系電車10000系電車南北線9000系電車埼玉高速鉄道2000系電車その他 3000系保存車元日比谷線の車両で、長野電鉄の3500系として使用されていた3000系第1編成が東京メトロで保存されることになり、2007年1月19日?21日にかけて、屋代駅から当検車区まで甲種輸

t9db302eのブログ
猫研究室
カードでお金
2ショットチャット
クレジットカード現金化

<鳩山首相>普天間移設完了期限「動かさない」 谷垣総裁に(毎日新聞)

<鳩山首相>普天間移設完了期限「動かさない」 谷垣総裁に(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)は16日、首相官邸で自民党の谷垣禎一総裁と会談した。首相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日米が合意している2014年の移設完了期限について、「動かさない」と明言した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行計画以外の移設先も検討し、移設が2015年以降にずれ込まない形で結論を出す考えを示した。

 民主・自民の党首会談は、鳩山政権発足後初めて。普天間飛行場の移設先について首相は会談後、記者団に「数カ月時間的余裕をもらって、政府・与党をあげて調査をし、結論を出す」と語り、「その結論により、今まで以上にスピード感を持つことは可能だ」と述べた。

 普天間問題の結論先送りを巡っては、鳩山首相が96年の旧民主党結党時に代表として党の基本政策に盛り込んだ「常時駐留なき安全保障」が背景にあるとの指摘が出ている。「米軍は有事に限り駐留する」との考え方だ。これについて首相は「首相という立場になった中で、その考え方は今、封印をしなきゃならんと思っている」と語った。【山田夢留】

【関連ニュース】
亀井金融担当相:沖縄振興はカジノ特区で 首相に既に進言
普天間移設:「最適だったと分かる時来る」鳩山首相
偽装献金:鳩山首相実母が上申書提出 「使途は知らず」と
鳩山首相:「政治主導」確立の法案 通常国会に提出を指示
鳩山首相:お疲れ? 日曜日、就任以来初の「完全オフ」

カタルーニャ語なら簡単
今日のランチ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
2ショットチャット

<普天間移設>日米合意履行を改めて求める…米国務省(毎日新聞)

<普天間移設>日米合意履行を改めて求める…米国務省(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】米国務省のケリー報道官は14日の会見で、日本政府が米軍普天間飛行場の具体的な移設先の決定を先延ばしする方針を固めたことに関し「合意した在日米軍再編計画こそ沖縄県民の負担を軽減しながら日米安保体制を維持するベストなものだ」と述べ、日米政府合意を履行するよう改めて求めた。そのうえで日本政府と交渉を継続する姿勢を強調した。

【関連ニュース】
普天間移設:先送り決定…「5月まで」社民反対で合意せず
鳩山首相:お疲れ? 日曜日、就任以来初の「完全オフ」
鳩山首相:対米・対中関係の強化を強調 中国副主席と会談
普天間移設:5月までに移設先の結論 15日に政府方針
米軍再編:ヘリ訓練移転、御殿場市長が反対の申し入れ

ココログ
アルメニア語で日本のニュースを読む
出会いランキング
競馬情報
債務整理・自己破産

CBS・ソニーレコード

六番町 本社社屋株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment(Japan) Inc.)はソニーグループの音楽系事業統括会社(中間持株会社)。略称SME・Sony Music(CMクレジットなどで使われる事が多い)。概要もともとは、1968年にCBS・ソニーレコード株式会社として設立された会社(1991年から現社名)で、レコード製作なども行っていた。2001年にレコード製作部門、営業部門、製造部門を会社分割により子会社に移し、統括会社になっている。現在の法人は、2003年に非音楽部門を分離するために行った会社分割の際に、旧ソニー・ミュージックエンタテインメントの音楽事業を承継し設立された。音楽系事業以外(ソニー・マガジンズやアニプレックスなど)は、2003年の会社分割で同時に設立された株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントが統括会社(持ち株会社)となっている。しかし、ソニーのリテール事業の売却に伴い、2006年5月17日に株式会社エスシーユーに商号変更したうえで、会社分割により新・株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントとリテール事業の統括会社の2社を子会社として設立。株式会社エスシーユーはソニー株式会社に吸収合併され、さらに株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントも2006年12月1日に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントに吸収合併された。この様にソニーによるグループの解体・再編が始まっている。(リテール部門の売却については、ソニーのリテール事業参照)アメリカ合衆国のソニー・ミュージックエンタテインメント(CBSレコードが母体)は、2004年にBMGエンターテインメントと合併し、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」が発足した。2008年10月には、ソニーが「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」のベルテルスマン持分を取得し、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」を完全子会社化した。同時にソニーの完全子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」からBMG JAPANの全株式の譲渡を受け、BMG JAPANを子会社化[1]した。 その後2009年10月1日、BMG JAPANの国内制作部門および洋楽部門以外の部門を吸収合併した(BMG JAPANの国内制作部門は新設の株式会社アリオラジャパンへ、洋楽部門はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルへ、それぞれ承継した)。音楽配信事業を巡っては、他のレコード会社と比べて一曲あたりの値段が若干高く設定されている他、著作権管理が厳しく、原則としてソニー製ウォークマンやパソコン用プレイヤーでしか再生が不可能なATRAC方式が主体なこと(近年はWMA方式も登場したが)、音源が配信されているサイトが子会社のレーベルゲートが運営しているmoraとその提携先にほぼ限られており、iTunes Storeをはじめとする他のサイトでは配信されていない(親会社のソニーのウォークマンがアップル インコーポレイテッドのiPodに次ぐシェアを有していることも考えられるが、アメリカやヨーロッパではiTSを含め、様々なサイトで配信されている)ため、他のレコード会社のそういった流れからは孤立している。しかし、ソニーがiPod向けの周辺機器の発売を発表するなど、日本国内でもソニーのiPodなどに対する考え方が変化している傾向にあり、配信価格の値下げや配信サイトの拡大などを含め、今後の動向が注目されている。尚、アリオラジャパンをはじめとした旧BMG JAPAN系の会社やレーベルはSME傘下になっても引き続きiTunes Storeなどで楽曲提供を行っている。沿革1968年3月1日 - ソニー株式会社と米国Columbia Broadcasting System Inc.(現CBS Inc.)との合弁契約に基づき、東京都品川区にCBS・ソニーレコード株式会社として設立。資本金720百万円。出資比率は50:50で、日本における資本自由化措置後第1号の合弁会社であった。創業当初から、当時最新鋭のレコード・カッティング・マシーンであるノイマン社のSX-68を導入し、レコードのカッティング及び生産を開始。1968年4月 - 本社を東京都港区に移転。1968年8月 - 第1回新譜を発売(サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」ほか)1968年11月 - 静岡県志太郡大井川町(現・焼津市)に静岡工場(現 静岡第1プロダクションセンター)を竣工。1969年 2月 - 第1回LPを発売(サイモン&ガーファンクルの映画サントラ盤「卒業」ほか)1969年 - 邦楽の制作を開始、第1回新譜を発売(フォーリーブス「オリビアの調べ」、カメ&アンコー「水虫の唄」ほか)。1969年12月 - カセットテープソフト生産開始。1971年7月 - 新レーベル「EPIC」発足。1973年8月 - 株式会社シービーエス・ソニーと商号変更。本社を東京都新宿区に移転。1974年8月 - 静岡工場をCBS・ソニーレコード株式会社として分離。1977年 - ソニー社製PCMプロセッサーPUA-1602[1]と3/4インチUマチックVTRを使って、世界初の16ビットによるPCMデジタル録音を行う(盛田昭夫コレクションによるピアノ・ロールによる録音)。1978年 - ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1600[2]を導入、運用開始。1978年5月 - ビデオソフト発売開始。1978年8月 - 全額出資にて株式会社EPIC・ソニーを設立。1978年9月 - 東京都新宿区に信濃町スタジオを完成、運用開始。1979年 - 音の良い高品質レコード「マスターサウンド」シリーズを発売開始。1979年2月1日 - ソニー社製24チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3224[3]を使った世界初の24ch、16ビットによるデジタルマルチ録音を荒川区民会館にて行う(グリーグ作曲「ピアノ協奏曲イ短調」中村紘子(ピアノ)、大町陽一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団)。尚、この録音の編集作業(於:同社信濃町スタジオ)から、ソニー社製の世界初の本格的デジタル音声編集機(DAE-1000)の使用を世界で初めて開始する。1980年? - 後に於けるCDの発売も考慮して、ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1610[4]を導入、運用開始。1981年8月 - SD事業部新設、アーティストの発掘・育成を強化。1982年4月 - コンパクト・ディスク・ソフトの生産開始。1982年 - ソニー社製24チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3324[5]を導入、運用開始。1982年10月1日 - 世界初のコンパクト・ディスク・ソフトを発売(ビリー・ジョエル「ニューヨーク52番街」ほか初回全50タイトル)。[6]1983年8月 - 株式会社シービーエス・ソニーグループと商号変更。又、企画制作部門を、株式会社CBS・ソニーとして分離。1984年 - 自社制作の録音が、原則として全てPCMデジタル録音となる。1986年 - ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1630[7]を導入、運用開始。1988年1月 - ソニー株式会社が米国CBS Inc.の所有していた全株式を取得。1988年2月 - ソニー株式会社よりビデオソフト・カラオケソフトの企画制作・製造・販売会社である株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの全株式を取得。1988年3月 - 株式会社CBS・ソニー、株式会社EPIC・ソニー、CBS・ソニーレコード株式会社および株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの4社を吸収合併。1989年 - ソニー社製48チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3348[8]を導入、運用開始。1989年11月 - レーザーディスクの生産開始。1991年4月 - 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと商号変更。1991年11月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。1992年2月 - 静岡県榛原郡吉田町に静岡第2プロダクションセンターを竣工。1992年4月 - 新レーベル「キューン・ソニーレコード(Ki/oon SONY Records)」発足。1992年8月 - ミニディスク(MD)ソフト生産開始。1992年11月 - MDソフト発売開始。(マライア・キャリー「エモーションズ」ほか初回全88タイトル)1995年3月 - 公式ホームページ「BIGTOP(現Sony Music Online Japan)」スタート。1996年6月 - 静岡プロダクションセンターがISO「ISO9002」の認証を取得。1996年9月 - 信濃町スタジオにて、世界初のDSD方式による録音を行う(トニー・ウィリアムス「ヤング・アット・ハート」)。1997年2月 - DVDソフト生産開始。(「ザ・シークレット・サービス」ほか)1997年4月 - 静岡プロダクションセンターが国際環境規格「ISO14001」の認証を取得。1998年7月 - 茨城県那珂郡那珂町(現・那珂市)に茨城プロダクションセンターを竣工。東京都港区に白金台ビル(白金台オフィスとも)を完成。1998年8月 - 社章を“Sony Musicロゴタイプ”に変更。1999年5月21日 世界初のスーパー・オーディオCDソフトを発売(マイルス・デイビス「カインド・オブ・ブルー」(SRGS-4501)ほか)。1999年12月 - 東京証券取引所における株式の上場廃止。1999年12月 - インターネットによる邦楽新譜CDシングルタイトル曲の有料音楽配信「bitmusic(ビットミュージック)」を開始。2000年1月 - ソニー株式会社と株式交換し、同社の完全子会社となる。2000年2月 - コーポレイト・エグゼクティブ制度(執行役員制度)を導入。2000年4月 - 著作権侵害増加を危惧し、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが中核となり音楽業界各社出資の下、株式会社レーベルゲート設立。2001年1月 - レコード制作の一部門を(株)デフスターレコーズとして分離。2001年3月 - 乃木坂ビル竣工。(B1F~B3FにSony Music Studios Tokyoを併設)2001年5月 - ソニーミュージックグループ総合ECショップ「EGSTREET」(現Sony Music Shop)オープン。2001年6月 - ブロードバンドマガジン「MORRICH」スタート(名称は「MORRICHは、リッチな盛田ではなくて、more richという意味」(SMEの盛田昌夫談))。 本社を東京都千代田区(SME六番町ビル)に移転。2001年10月 - レコード制作部門を(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、(株)ソニー・ミュージックレコーズ、(株)エピックレコードジャパン、(株)キューンレコード、(株)ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズとして分離。営業部門を(株)ソニー・ミュージックディストリビューションとして分離。製造部門を(株)ソニー・ミュージックマニュファクチュアリングとして分離。2002年2月 - ソニーミュージックグループが環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。2002年12月 - CD音源の携帯電話向け配信サービス「着うた」開始。2003年4月1日 - 株式会社エスエムイージェーと商号変更。新設分割により同社の完全子会社として株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと、株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントの2社を設立(音楽事業とその他の事業を分離)。2003年7月1日 - 株式会社エスエムイージェーがソニー株式会社に吸収合併され解散。この結果、ソニー株式会社が完全親会社となる。2004年8月1日 - 米ソニー・ミュージックエンタテインメントとBMGエンターテインメント(ベルテルスマングループ )が合併し、また双方の50%ずつの出資によってソニーBMG・ミュージックエンタテインメントを発足。2005年2月 - 子会社・株式会社ソニー・ミュージックネットワーク設立(MORRICH、bitmusicの事業承継)。2006年3月 - 「MORRICH」終了。2006年7月 - 保有していた白金台ビルを売却。2006年12月 - 株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントを吸収合併。2008年10月 - 株式会社BMG JAPANを子会社とする。2009年10月 - BMG JAPANの国内制作部門を新設の株式会社アリオラジャパンへ、洋楽部門(RCA/JIVEグループ)をソニー・ミュージックジャパンインターナショナルへ承継し、残った法人をソニー・ミュージックエンタテインメントが吸収合併。グループ会社※…旧・ソニー・カルチャーエンタテインメント傘下の企業レーベルビジネスグループ第1グループSony Music Records(SMR)(旧CBSソニー、ポップスから演歌まで販売) Sony Records(メインレーベル)gr8! Records(ロック系)ナイアガラ・レーベル(大瀧詠一の個人レーベル)MASTERSIX FOUNDATIONSTUDIOSEVEN Recordings(スターダストプロモーション所属歌手、伊藤由奈、近藤真彦専用レーベル)エスエムイーレコーズ(旧CBSソニー、ロック系を販売 2003.3.31までSMR内のレーベル) SME Recordsソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(外部プロデューサーを起用して展開する) Sony Music Associated Records PASSAGIO Discs(辻仁成のプライベートレーベル)SEASKY(藤井フミヤのプライベートレーベル)FEARLESS RECORDSTERRY DOLLAR RECORD$(オレスカバンドのプライベートレーベル)スティーズラボミュージック第2グループエピックレコードジャパン(旧EPICソニー) Epic RecordsKowalskiデフスターレコーズ(ソニーミュージックレコーズから分離独立) DefSTAR Recordsアリオラジャパン(旧BMG JAPAN国内部門) RCAレコードアリスタ・レコードファンハウス (1999年にBMGに吸収されたレコードレーベル)Little Tokyo(リトルトーキョー/小田和正のプライベートレーベル)オーガスタレコード(オフィスオーガスタ所属アーティスト専用レーベル)第3グループキューンレコード(旧キューン・ソニー。ロック、ミクスチャー等の個性派レーベル) Ki/oon RecordsKi/oon Records 2NeOSITELOOPA(石野卓球の個人レーベル)HAUNTED RECORDS(HYDEの個人レーベル)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(洋楽やクラシック、ジャズ等) RCA/JIVEグループ(旧BMG JAPAN洋楽部門)それ以外閃光レーベル(ラジオ番組SCHOOL OF LOCK!のCD発売専用レーベル)Fire Wall Division(Dir en greyやboogieman等が所属しているレーベル)ビジュアルビジネスグループアニプレックス※ AniplexA-1 Pictures※番町製作所※メディアビジネスグループミュージック・オン・ティーヴィ(音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」の運営)※ホールネットワーク(ライブハウス「Zepp」の運営)※ソニー・マガジンズ※レーベルゲートアーティストマネジメント&パブリッシングビジネスグループソニー・ミュージックアーティスツ(ヴィレッジ・ミュージックをのぞく以下5社を2009年4月1日に再合併して統合) Hit&RunSMAエンタテインメント(レーベル事業を兼ねる)SMAプレイヤーズニューカムブルーワンミュージック(2006年4月1日よりニューカムに事業統合)ミュージック・タブロイドヴィレッジミュージック(ヴィレッジ・エーとヴィレッジ・レコードが統合して2006年に設立。レーベル事業も兼ねる)ソニー・ミュージックパブリッシング(音楽著作権の取得・管理・運用業務)ミュージックレイン(レーベルとしての業務も兼営)ウエストサイドザ・ミュージックカウンシル(レーベルとしての業務も兼営)マーケティング/ディストリビューションビジネスグループソニー・ミュージックディストリビューションソニー・ミュージック傘下の各レーベルの営業会社。アップフロントワークス(ゼティマ・地中海・セブンスコード)、ジャニーズエンタテイメント、コナミデジタルエンタテインメント、ランティス(Glory Heavenレーベルのみ)など他社の受託もしている。ソニー・ミュージックダイレクト(旧ソニー・ミュージックハウス。旧作音源の再発、通信販売) レーベルとしてSMDR GT musicもある。ソニー・ミュージックネットワークソリューション/ライツビジネスグループソニー・ミュージックコミュニケーションズレコードジャケットデザイン・制作・印刷、ソニーミュージックスタジオの運営、CD-ROMやDVD-ROMのプレス、CD店の店舗設計、視聴機の開発販売など、音楽ビジネスを包括している。ジャレード(1975年設立。商品配送関係)クリップゲート※ドリームランチ※ソニー・クリエイティブプロダクツ※ハイウェイグラフィックス(デザイン会社。CDジャケットのデザインや、広告、ポスター等の販促)その他ソニー・ミュージックアクシス(統括会社における経理・システム・人事・総務・法務の受託業務)※かつてあったグループ会社レーベル&コンテンツビジネスグループOo RECORDS(1998年に事業解散) 大滝詠一が取締役を務めていた。TRUE KiSS DiSC(小室哲哉が主催したレーベル。2000年に活動休止)Antinos Records(1994年 - 2004年 2002年7月までグループ会社だったが、エピックレコードに吸収合併され、2004年に運営終了)パームビーチ(2008年3月末でレーベル運営を解消し、事業解散)ボイス&ハート(2008年4月にアニプレックス傘下から独立)HIT STREETBMG JAPAN(邦楽部門をアリオラジャパンに、洋楽部門(RCA/JIVEグループ)をソニー・ミュージックジャパンインターナショナルに承継の上、2009年10月1日に親会社と合併し解散)関連項目ソニー着うた/着うたフル/着うたフルプラス- 商標を所有している。コピーコントロールCD(CCCD)スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス土6→日5(MBS)ノイタミナE!TVブルースペックCD脚注^ 16ビット直線量子化を実現した初のPCMプロセッサー。ちなみに、サンプリング周波数は44.056KHzだった。このプロセッサーは後に改良版が、PCM-1600として翌年に発売された。^ 16ビット直線量子化、サンプリング周波数:44.056KHz。録音媒体には3/4インチのU規格VTRを使用。^ 1インチテープ使用。16ビット直線量子化、サンプリング周波数は50.35KHzで、後に改良して44.1KHzにも対応できる様にした。^ 16ビット直線量子化、サンプリング周波数は44.056KHzと44.1KHzと、記録用に使用するVTRによって自動認識するものである。^ 当時、新たに開発したDASHフォーマットを使った初のPCMマルチレコーダーである。1/2インチテープ使用、16ビット直線量子化。サンプリング周波数は44.1KHzと48KHzの2つに対応している。値段は3300万円。^ ちなみにCDソフト第1号は、ビリー・ジョエル「ニューヨーク52番街」(35DP1)だが、クラシック第1号は、ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、ベートーヴェン作曲交響曲第5番「運命」&シューベルト作曲「未完成交響曲」の日本デジタルライヴ録音(38DC1)、邦楽第1号は、大滝詠一の「A LONG VACATION」(35DH1)。ちなみに、発売当初の値段は、デジタル録音物が1枚3800円、アナログ録音物が1枚3500円だった。^ 技術的スペックはPCM-1610と同一だが、前記発売時後のデ 六番町 本社社屋株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment(Japan) Inc.)はソニーグループの音楽系事業統括会社(中間持株会社)。略称SME・Sony Music(CMクレジットなどで使われる事が多い)。概要もともとは、1968年にCBS・ソニーレコード株式会社として設立された会社(1991年から現社名)で、レコード製作なども行っていた。2001年にレコード製作部門、営業部門、製造部門を会社分割により子会社に移し、統括会社になっている。現在の法人は、2003年に非音楽部門を分離するために行った会社分割の際に、旧ソニー・ミュージックエンタテインメントの音楽事業を承継し設立された。音楽系事業以外(ソニー・マガジンズやアニプレックスなど)は、2003年の会社分割で同時に設立された株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントが統括会社(持ち株会社)となっている。しかし、ソニーのリテール事業の売却に伴い、2006年5月17日に株式会社エスシーユーに商号変更したうえで、会社分割により新・株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントとリテール事業の統括会社の2社を子会社として設立。株式会社エスシーユーはソニー株式会社に吸収合併され、さらに株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントも2006年12月1日に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントに吸収合併された。この様にソニーによるグループの解体・再編が始まっている。(リテール部門の売却については、ソニーのリテール事業参照)アメリカ合衆国のソニー・ミュージックエンタテインメント(CBSレコードが母体)は、2004年にBMGエンターテインメントと合併し、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」が発足した。2008年10月には、ソニーが「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」のベルテルスマン持分を取得し、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」を完全子会社化した。同時にソニーの完全子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は、「ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント」からBMG JAPANの全株式の譲渡を受け、BMG JAPANを子会社化[1]した。 その後2009年10月1日、BMG JAPANの国内制作部門および洋楽部門以外の部門を吸収合併した(BMG JAPANの国内制作部門は新設の株式会社アリオラジャパンへ、洋楽部門はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルへ、それぞれ承継した)。音楽配信事業を巡っては、他のレコード会社と比べて一曲あたりの値段が若干高く設定されている他、著作権管理が厳しく、原則としてソニー製ウォークマンやパソコン用プレイヤーでしか再生が不可能なATRAC方式が主体なこと(近年はWMA方式も登場したが)、音源が配信されているサイトが子会社のレーベルゲートが運営しているmoraとその提携先にほぼ限られており、iTunes Storeをはじめとする他のサイトでは配信されていない(親会社のソニーのウォークマンがアップル インコーポレイテッドのiPodに次ぐシェアを有していることも考えられるが、アメリカやヨーロッパではiTSを含め、様々なサイトで配信されている)ため、他のレコード会社のそういった流れからは孤立している。しかし、ソニーがiPod向けの周辺機器の発売を発表するなど、日本国内でもソニーのiPodなどに対する考え方が変化している傾向にあり、配信価格の値下げや配信サイトの拡大などを含め、今後の動向が注目されている。尚、アリオラジャパンをはじめとした旧BMG JAPAN系の会社やレーベルはSME傘下になっても引き続きiTunes Storeなどで楽曲提供を行っている。沿革1968年3月1日 - ソニー株式会社と米国Columbia Broadcasting System Inc.(現CBS Inc.)との合弁契約に基づき、東京都品川区にCBS・ソニーレコード株式会社として設立。資本金720百万円。出資比率は50:50で、日本における資本自由化措置後第1号の合弁会社であった。創業当初から、当時最新鋭のレコード・カッティング・マシーンであるノイマン社のSX-68を導入し、レコードのカッティング及び生産を開始。1968年4月 - 本社を東京都港区に移転。1968年8月 - 第1回新譜を発売(サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」ほか)1968年11月 - 静岡県志太郡大井川町(現・焼津市)に静岡工場(現 静岡第1プロダクションセンター)を竣工。1969年 2月 - 第1回LPを発売(サイモン&ガーファンクルの映画サントラ盤「卒業」ほか)1969年 - 邦楽の制作を開始、第1回新譜を発売(フォーリーブス「オリビアの調べ」、カメ&アンコー「水虫の唄」ほか)。1969年12月 - カセットテープソフト生産開始。1971年7月 - 新レーベル「EPIC」発足。1973年8月 - 株式会社シービーエス・ソニーと商号変更。本社を東京都新宿区に移転。1974年8月 - 静岡工場をCBS・ソニーレコード株式会社として分離。1977年 - ソニー社製PCMプロセッサーPUA-1602[1]と3/4インチUマチックVTRを使って、世界初の16ビットによるPCMデジタル録音を行う(盛田昭夫コレクションによるピアノ・ロールによる録音)。1978年 - ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1600[2]を導入、運用開始。1978年5月 - ビデオソフト発売開始。1978年8月 - 全額出資にて株式会社EPIC・ソニーを設立。1978年9月 - 東京都新宿区に信濃町スタジオを完成、運用開始。1979年 - 音の良い高品質レコード「マスターサウンド」シリーズを発売開始。1979年2月1日 - ソニー社製24チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3224[3]を使った世界初の24ch、16ビットによるデジタルマルチ録音を荒川区民会館にて行う(グリーグ作曲「ピアノ協奏曲イ短調」中村紘子(ピアノ)、大町陽一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団)。尚、この録音の編集作業(於:同社信濃町スタジオ)から、ソニー社製の世界初の本格的デジタル音声編集機(DAE-1000)の使用を世界で初めて開始する。1980年? - 後に於けるCDの発売も考慮して、ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1610[4]を導入、運用開始。1981年8月 - SD事業部新設、アーティストの発掘・育成を強化。1982年4月 - コンパクト・ディスク・ソフトの生産開始。1982年 - ソニー社製24チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3324[5]を導入、運用開始。1982年10月1日 - 世界初のコンパクト・ディスク・ソフトを発売(ビリー・ジョエル「ニューヨーク52番街」ほか初回全50タイトル)。[6]1983年8月 - 株式会社シービーエス・ソニーグループと商号変更。又、企画制作部門を、株式会社CBS・ソニーとして分離。1984年 - 自社制作の録音が、原則として全てPCMデジタル録音となる。1986年 - ソニー社製PCMプロセッサーPCM-1630[7]を導入、運用開始。1988年1月 - ソニー株式会社が米国CBS Inc.の所有していた全株式を取得。1988年2月 - ソニー株式会社よりビデオソフト・カラオケソフトの企画制作・製造・販売会社である株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの全株式を取得。1988年3月 - 株式会社CBS・ソニー、株式会社EPIC・ソニー、CBS・ソニーレコード株式会社および株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの4社を吸収合併。1989年 - ソニー社製48チャンネルマルチPCMデジタルレコーダー、PCM-3348[8]を導入、運用開始。1989年11月 - レーザーディスクの生産開始。1991年4月 - 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと商号変更。1991年11月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。1992年2月 - 静岡県榛原郡吉田町に静岡第2プロダクションセンターを竣工。1992年4月 - 新レーベル「キューン・ソニーレコード(Ki/oon SONY Records)」発足。1992年8月 - ミニディスク(MD)ソフト生産開始。1992年11月 - MDソフト発売開始。(マライア・キャリー「エモーションズ」ほか初回全88タイトル)1995年3月 - 公式ホームページ「BIGTOP(現Sony Music Online Japan)」スタート。1996年6月 - 静岡プロダクションセンターがISO「ISO9002」の認証を取得。1996年9月 - 信濃町スタジオにて、世界初のDSD方式による録音を行う(トニー・ウィリアムス「ヤング・アット・ハート」)。1997年2月 - DVDソフト生産開始。(「ザ・シークレット・サービス」ほか)1997年4月 - 静岡プロダクションセンターが国際環境規格「ISO14001」の認証を取得。1998年7月 - 茨城県那珂郡那珂町(現・那珂市)に茨城プロダクションセンターを竣工。東京都港区に白金台ビル(白金台オフィスとも)を完成。1998年8月 - 社章を“Sony Musicロゴタイプ”に変更。1999年5月21日 世界初のスーパー・オーディオCDソフトを発売(マイルス・デイビス「カインド・オブ・ブルー」(SRGS-4501)ほか)。1999年12月 - 東京証券取引所における株式の上場廃止。1999年12月 - インターネットによる邦楽新譜CDシングルタイトル曲の有料音楽配信「bitmusic(ビットミュージック)」を開始。2000年1月 - ソニー株式会社と株式交換し、同社の完全子会社となる。2000年2月 - コーポレイト・エグゼクティブ制度(執行役員制度)を導入。2000年4月 - 著作権侵害増加を危惧し、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが中核となり音楽業界各社出資の下、株式会社レーベルゲート設立。2001年1月 - レコード制作の一部門を(株)デフスターレコーズとして分離。2001年3月 - 乃木坂ビル竣工。(B1F~B3FにSony Music Studios Tokyoを併設)2001年5月 - ソニーミュージックグループ総合ECショップ「EGSTREET」(現Sony Music Shop)オープン。2001年6月 - ブロードバンドマガジン「MORRICH」スタート(名称は「MORRICHは、リッチな盛田ではなくて、more richという意味」(SMEの盛田昌夫談))。 本社を東京都千代田区(SME六番町ビル)に移転。2001年10月 - レコード制作部門を(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、(株)ソニー・ミュージックレコーズ、(株)エピックレコードジャパン、(株)キューンレコード、(株)ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズとして分離。営業部門を(株)ソニー・ミュージックディストリビューションとして分離。製造部門を(株)ソニー・ミュージックマニュファクチュアリングとして分離。2002年2月 - ソニーミュージックグループが環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。2002年12月 - CD音源の携帯電話向け配信サービス「着うた」開始。2003年4月1日 - 株式会社エスエムイージェーと商号変更。新設分割により同社の完全子会社として株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと、株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントの2社を設立(音楽事業とその他の事業を分離)。2003年7月1日 - 株式会社エスエムイージェーがソニー株式会社に吸収合併され解散。この結果、ソニー株式会社が完全親会社となる。2004年8月1日 - 米ソニー・ミュージックエンタテインメントとBMGエンターテインメント(ベルテルスマングループ )が合併し、また双方の50%ずつの出資によってソニーBMG・ミュージックエンタテインメントを発足。2005年2月 - 子会社・株式会社ソニー・ミュージックネットワーク設立(MORRICH、bitmusicの事業承継)。2006年3月 - 「MORRICH」終了。2006年7月 - 保有していた白金台ビルを売却。2006年12月 - 株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントを吸収合併。2008年10月 - 株式会社BMG JAPANを子会社とする。2009年10月 - BMG JAPANの国内制作部門を新設の株式会社アリオラジャパンへ、洋楽部門(RCA/JIVEグループ)をソニー・ミュージックジャパンインターナショナルへ承継し、残った法人をソニー・ミュージックエンタテインメントが吸収合併。グループ会社※…旧・ソニー・カルチャーエンタテインメント傘下の企業レーベルビジネスグループ第1グループSony Music Records(SMR)(旧CBSソニー、ポップスから演歌まで販売) Sony Records(メインレーベル)gr8! Records(ロック系)ナイアガラ・レーベル(大瀧詠一の個人レーベル)MASTERSIX FOUNDATIONSTUDIOSEVEN Recordings(スターダストプロモーション所属歌手、伊藤由奈、近藤真彦専用レーベル)エスエムイーレコーズ(旧CBSソニー、ロック系を販売 2003.3.31までSMR内のレーベル) SME Recordsソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(外部プロデューサーを起用して展開する) Sony Music Associated Records PASSAGIO Discs(辻仁成のプライベートレーベル)SEASKY(藤井フミヤのプライベートレーベル)FEARLESS RECORDSTERRY DOLLAR RECORD$(オレスカバンドのプライベートレーベル)スティーズラボミュージック第2グループエピックレコードジャパン(旧EPICソニー) Epic RecordsKowalskiデフスターレコーズ(ソニーミュージックレコーズから分離独立) DefSTAR Recordsアリオラジャパン(旧BMG JAPAN国内部門) RCAレコードアリスタ・レコードファンハウス (1999年にBMGに吸収されたレコードレーベル)Little Tokyo(リトルトーキョー/小田和正のプライベートレーベル)オーガスタレコード(オフィスオーガスタ所属アーティスト専用レーベル)第3グループキューンレコード(旧キューン・ソニー。ロック、ミクスチャー等の個性派レーベル) Ki/oon RecordsKi/oon Records 2NeOSITELOOPA(石野卓球の個人レーベル)HAUNTED RECORDS(HYDEの個人レーベル)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(洋楽やクラシック、ジャズ等) RCA/JIVEグループ(旧BMG JAPAN洋楽部門)それ以外閃光レーベル(ラジオ番組SCHOOL OF LOCK!のCD発売専用レーベル)Fire Wall Division(Dir en greyやboogieman等が所属しているレーベル)ビジュアルビジネスグループアニプレックス※ AniplexA-1 Pictures※番町製作所※メディアビジネスグループミュージック・オン・ティーヴィ(音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」の運営)※ホールネットワーク(ライブハウス「Zepp」の運営)※ソニー・マガジンズ※レーベルゲートアーティストマネジメント&パブリッシングビジネスグループソニー・ミュージックアーティスツ(ヴィレッジ・ミュージックをのぞく以下5社を2009年4月1日に再合併して統合) Hit&RunSMAエンタテインメント(レーベル事業を兼ねる)SMAプレイヤーズニューカムブルーワンミュージック(2006年4月1日よりニューカムに事業統合)ミュージック・タブロイドヴィレッジミュージック(ヴィレッジ・エーとヴィレッジ・レコードが統合して2006年に設立。レーベル事業も兼ねる)ソニー・ミュージックパブリッシング(音楽著作権の取得・管理・運用業務)ミュージックレイン(レーベルとしての業務も兼営)ウエストサイドザ・ミュージックカウンシル(レーベルとしての業務も兼営)マーケティング/ディストリビューションビジネスグループソニー・ミュージックディストリビューションソニー・ミュージック傘下の各レーベルの営業会社。アップフロントワークス(ゼティマ・地中海・セブンスコード)、ジャニーズエンタテイメント、コナミデジタルエンタテインメント、ランティス(Glory Heavenレーベルのみ)など他社の受託もしている。ソニー・ミュージックダイレクト(旧ソニー・ミュージックハウス。旧作音源の再発、通信販売) レーベルとしてSMDR GT musicもある。ソニー・ミュージックネットワークソリューション/ライツビジネスグループソニー・ミュージックコミュニケーションズレコードジャケットデザイン・制作・印刷、ソニーミュージックスタジオの運営、CD-ROMやDVD-ROMのプレス、CD店の店舗設計、視聴機の開発販売など、音楽ビジネスを包括している。ジャレード(1975年設立。商品配送関係)クリップゲート※ドリームランチ※ソニー・クリエイティブプロダクツ※ハイウェイグラフィックス(デザイン会社。CDジャケットのデザインや、広告、ポスター等の販促)その他ソニー・ミュージックアクシス(統括会社における経理・システム・人事・総務・法務の受託業務)※かつてあったグループ会社レーベル&コンテンツビジネスグループOo RECORDS(1998年に事業解散) 大滝詠一が取締役を務めていた。TRUE KiSS DiSC(小室哲哉が主催したレーベル。2000年に活動休止)Antinos Records(1994年 - 2004年 2002年7月までグループ会社だったが、エピックレコードに吸収合併され、2004年に運営終了)パームビーチ(2008年3月末でレーベル運営を解消し、事業解散)ボイス&ハート(2008年4月にアニプレックス傘下から独立)HIT STREETBMG JAPAN(邦楽部門をアリオラジャパンに、洋楽部門(RCA/JIVEグループ)をソニー・ミュージックジャパンインターナショナルに承継の上、2009年10月1日に親会社と合併し解散)関連項目ソニー着うた/着うたフル/着うたフルプラス- 商標を所有している。コピーコントロールCD(CCCD)スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス土6→日5(MBS)ノイタミナE!TVブルースペックCD脚注^ 16ビット直線量子化を実現した初のPCMプロセッサー。ちなみに、サンプリング周波数は44.056KHzだった。このプロセッサーは後に改良版が、PCM-1600として翌年に発売された。^ 16ビット直線量子化、サンプリング周波数:44.056KHz。録音媒体には3/4インチのU規格VTRを使用。^ 1インチテープ使用。16ビット直線量子化、サンプリング周波数は50.35KHzで、後に改良して44.1KHzにも対応できる様にした。^ 16ビット直線量子化、サンプリング周波数は44.056KHzと44.1KHzと、記録用に使用するVTRによって自動認識するものである。^ 当時、新たに開発したDASHフォーマットを使った初のPCMマルチレコーダーである。1/2インチテープ使用、16ビット直線量子化。サンプリング周波数は44.1KHzと48KHzの2つに対応している。値段は3300万円。^ ちなみにCDソフト第1号は、ビリー・ジョエル「ニューヨーク52番街」(35DP1)だが、クラシック第1号は、ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、ベートーヴェン作曲交響曲第5番「運命」&シューベルト作曲「未完成交響曲」の日本デジタルライヴ録音(38DC1)、邦楽第1号は、大滝詠一の「A LONG VACATION」(35DH1)。ちなみに、発売当初の値段は、デジタル録音物が1枚3800円、アナログ録音物が1枚3500円だった。^ 技術的スペックはPCM-1610と同一だが、前記発売時後のデ

nam_kansaのブログ
京都修学旅行
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

<裁判員裁判>東京地裁、モニター説明認めず 弁護側異議で(毎日新聞)

<裁判員裁判>東京地裁、モニター説明認めず 弁護側異議で(毎日新聞)

 覚せい剤密輸事件を巡り東京地裁で14日始まった裁判員裁判で、覚せい剤の害悪を大型モニターを使って説明しようとした検察側に対し、過度の装飾があるとして弁護側が異議を申し立てた。福崎伸一郎裁判長は異議を認め、モニターでの説明を認めなかった。検察側は「証拠の単なる要約」と反発している。

 応酬があったのは、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)に問われたシンガポール国籍のシム・チェン・クエ被告(37)の初公判。

 弁護側によると、検察側は公判前整理手続きで、覚せい剤乱用が殺人に結びつく可能性があることを記した文献を証拠提出し、図でも説明したいと主張。弁護側が図の利用に反対し、文献だけ証拠採用することが決まった。

 しかし、検察側は初公判の休廷中、法廷での証拠説明で図をモニターに映すと被告に伝えた。文字を囲んで強調したり、矢印などで流れを示す内容だったという。再開後、弁護側は「要約の仕方に問題がある」と指摘し、検察側は文献の朗読だけを行った。

 弁護人は公判後、「『殺人』という文字が大きく画面上に現れると、被告と安易に結びつけられ、証拠調べが適正でなくなる。整理手続きでの合意に反する」と主張。検察側は「採用された証拠を分かりやすく説明する補助資料に過ぎず、整理手続きでやりとりした図とは違う。裁判所の判断はおかしい」と話した。【安高晋】

【関連ニュース】
裁判員裁判:全国最長12日間…裁判員「妥当な日程」
裁判員裁判:「徴兵制のよう。制度なくせ」岐阜地裁
裁判員裁判:女性殺害に懲役17年 名古屋地裁判決
精神鑑定:一部だけの採用可能 最高裁が初めて明示
裁判員裁判:女性殺害で遺族側が死刑求刑 名古屋地裁

rtypeのブログ
太陽と月の話
クレジットカード現金化
競馬情報
ライブチャット

「会見問題」宮内庁にメール千件 ほとんどが羽毛田長官を支持 (産経新聞)

「会見問題」宮内庁にメール千件 ほとんどが羽毛田長官を支持 (産経新聞)

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を特例的に行うよう官房長官が指示したことに、羽毛田信吾宮内庁長官が「二度とあってほしくない」などと懸念を表明した問題について、宮内庁などに計千件以上の電子メールが寄せられていることが分かった。今回の会見実現までの経緯を疑問視する意見が目立ち、概ね羽毛田長官の立場や発言を支持する内容という。

 メールは宮内庁のホームページ(HP)のほか、各府省の行政情報をまとめたインターネットのサイト「電子政府の総合窓口」(イーガブ)などに届いている。

 宮内庁によると、会見の日程が明らかになった直後の先週末の12、13両日を中心に多数のメールが寄せられた。このほか、電話でも意見が寄せられているという。

【関連記事】
政府・小沢氏を改めて批判 谷垣氏
「国民や天皇を恫喝している」小沢氏の対応に批判相次ぐ イザ!ブログ 
「来年の経済発展に自信」 中国の習国家副主席、経団連会長と懇談
陛下、習近平副主席とご会見 皇居前広場に多数の警察官配置
特例会見問題で首相「喜びの中でお迎えすべき」

個人用ブログ
スペイン語 ~小さい頃からの夢を求めて~
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化
ライブチャット

世界の気温、3位タイの高温=09年速報値、日本は7位-気象庁(時事通信)

世界の気温、3位タイの高温=09年速報値、日本は7位-気象庁(時事通信)

 気象庁は14日、今年の世界の平均気温(速報値)が平年より0.31度高く、1891年の統計開始以来3位タイの高温になる見通しだと発表した。
 速報値は、1~11月の月平均気温の平年との差から算出。世界は98年(0.37度)、2005年(0.32度)に次いで高く、02、03、06年と並んで3位。日本は、平年プラス0.58度で、7番目の高温だった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
全国的に暖冬、日本海側少雪=気象庁3カ月予報
気温高め、降水量まちまち=11月~来年1月
9月の世界気温、過去最高タイ=エルニーニョなど影響
温暖化で2.1~4.0度上昇=今世紀末を予測

オランダ語を学んで旅をしよう!
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
競馬情報
クレジットカード現金化 比較

前田武志

参議院議員 前田武志生年月日1937年10月22日(72歳)出生地奈良県クレジットカード現金化郡十津川村出身校京都大学大学院学位・資格工学修士前職衆議院議員所属委員会参・国土交通委員会委員世襲2世?叔父・前田正男選出選挙区比例区当選回数1回(衆4回)所属党派民主党(羽田グループ)党役職党企業団体対策委員長会館部屋番号参・議員会館228号室ウェブサイト前田たけし公式ウェブサイト 表・話・編・歴 現金化口コミ武志(まえだたけし、1937年10月22日‐)は、日本の政治家。元衆議院議員(4期)。参議院議員(1期)。自民党出身で、細川護煕・羽田無料携帯ホームページ政権に参加後、鳩山由紀夫政権までの間、自民党との連立政権(自社さ・自自公等)に参加することなく、一貫して選挙による政権交代を目指した国会議員の一人である。[編集]概要科学技術庁長官・原子力委員会委員長を務めた前田正男は父方の叔父。旧陸軍の名参謀として知られる故堀栄三は母方の叔父にあたる。キルギス語との出会い県十津川村出身(特に幕末の活躍で名高い十津川郷士の末裔である)。五條中学、大阪府立高津高等学校を経て京都大学工学部を卒業。同大学大学院修了後、建設省に入省。河川局建設専門官・シドニー領事などを歴任の後、1983年の総選挙に自民党公認・木曜クラブ新人として出馬するが落選。1986年の総選挙で初当選し、山村・林業研究会会長や国土政務次官を務める。1992年にクレジットカード現金化 即日会長代行小沢一郎が羽田孜を担ぎ改革フォーラム21旗揚げや1993年新生党を結成するとこれに続き、そのまま新進党→太陽党→民政党→民主党と移籍。この間、衆院沖縄・北方問題特別委員長・逓信委員長・太陽党総務会長を歴任。2000年の総選挙で5選を目指すが現金化口コミ公認の田野瀬良太郎に敗れ比例復活も出来ず落選。2001年の参院選では時の権力者野中広務(当時自民党幹事長)氏からの自民党復党・公認での出馬要請(世間で言われる一本釣り)を断って民主党より出馬。一人区の奈良県選挙区で優勢が伝えられたが突如起こった出会いランキングフィーバーの逆風のために落選する。2003年に奈良県知事選にも出馬するものの柿本善也知事に敗れている。相次ぐ選挙の惜敗を受け、「自民党にずっといれば今頃は大臣だったのに…」とその悲運ともいえる政治歴を惜しむ声も聞かれた一方で、政治生命は終わったと見る向きもあったが、2004年の参院選で比例代表から出馬し奈良県選挙区の新人候補前川清成との連携で実に4年ぶりに国政復帰を果たす。この際の選挙も非常に接戦であり、当確の報道が流れ万歳が行われたのは明け方(午前5時前)であった。政権交代・政治改革を謳って成立した細川内閣を支えた保守系政治家の中で、ライブチャット派七奉行に代表される当時の大物議員以外では、村山連立内閣成立で自民党が政権復帰を果たした後にも自民党に復(入)党することなく、政治活動を続けている数少ない政治家の一人である。奈良県総支部連合会顧問。民主党娯楽産業健全育成研究会副会長。2007年8月、企業団体対策委員長に就任。2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」が民主党内に発足し、参加する。[編集]エピソード特徴的な大きな目がソフトバンクホークス前監督の王モンスターハンター徹底強化合宿氏によく似ており、ある週刊誌のそっくりさんコーナーで取り上げられたことがある。叔父堀栄三の著書によれば3歳児の頃、航空総監の着任挨拶に先輩の堀丈夫元中将宅を訪れた山下奉文中将に可愛がられ車に乗せてもらったことがある。山下はフィリピンにおいても部下の堀に武志のことを何度も語り、堀との別れの折にも「あの子

嘉北駅

嘉北駅駅舎嘉北ジャーベイ-Jiabei◄民雄(6.8km)(2.6km)パチンコ攻略義►所在地嘉義市東区北緯23度29分58.7秒東経120度26分55.3秒/北緯23.499639度東経120.448694度/23.499639;120.448694駅番号228所属事業者台湾鉄路管理局等級簡易駅所属路線縦貫線キロ程78.4km(彰化起点)289.3*km(基隆起点)駅構造地上駅(橋上駅)ホーム相対式2面2線開業年月日2005年9月8日備考*-キロ程は台中線(山線)経由で計算。この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集の仕方はTemplate:駅情報をごらんください。クレジットカード現金化北駅各種表記繁体字:嘉北車站簡体字:嘉北车站拼音:JiābĕiChēzhàn注音符号:ㄐㄧㄚㄅㄟˇ台湾語:Ka-pakChhia-thâu漢音読み:かほくえき発音:ジャーベイチャーヂャン英文:JiabeiStation 表・話・編・歴 クレジットカード現金化 比較北駅(かほくえき/ジャーベイえき)は、台湾嘉義市東区にある台湾鉄路管理局縦貫線の駅である。駅前のバス停は古い地名の後湖が使用されている。目次1駅構造2利用状況3駅の周辺4歴史5隣の駅[編集]駅構造相対式ホーム2面2線を有す地上駅(橋上駅)。[編集]利用状況区間車のみが停車する。[編集]駅の周辺嘉義基督教医院耐斯(ナイス)松屋後湖工業区My First JUGEM!仁女中台湾銀行嘉北分行[編集]歴史2005年9月8日-開業。施工期間中は「北嘉義」や「嘉基」の仮称が使用されていた。[編集]隣の駅 台湾鉄路管理局縦貫線(南段)(台中線・海岸線<<)彰化-花壇-大村-員林-2ショットチャット靖-社頭-田中-二水(>>集集線)-林内-石榴-斗六-斗南-石亀-大林-民雄-嘉北-嘉義-水上-南靖-後壁-新営-柳営-林鳳営-債務整理・自己破産田-抜林-善化-新市-永康-大橋-台南-保安-中洲(>>沙崙線)-大湖-路竹-岡山-橋頭-楠梓-新左営-左営-鼓山(貨)-高雄(>>屏東線)旧線(廃止):2ショットチャット-高雄港この項目「嘉北駅」は、鉄道駅に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:鉄道/PJ鉄道)。「嘉北駅」は、台湾に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。(ウィキプロジェクト台湾)「現金化口コミ://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%89%E5%8C%97%E9%A7%85」より作成カテゴリ:嘉義市|縦貫線南段の鉄道駅隠しカテゴリ:鉄道駅関連のスタブ項目|台湾関連のスタブ項目

小橋建太

小橋建太プロフィールリングネーム小橋建太無料携帯ホームページ健太BLAZE剛腕大魔王本名小橋健太ニックネーム剛腕ミスタープロレス絶対王者伝説の男鉄人オレンジ・クラッシュバーニング青春の握りこぶし焼いて魂身長186cm体重115kg誕生日1967年3月27日(42歳)出身地京都府福知山市所属プロレスリング・ノアスポーツ歴柔道ラグビートレーナージャイアント馬場ハルクレジットカード現金化デビュー1988年2月26日 表・話・編・歴 小橋建太(こばしけんた、男性、1967年3月27日-)は、日本のプロレスラー。本名は小橋健太(読み同じ)。プロレスリング・ノアに所属し、取締役副社長を務める。京都府福知山市出身。血液型B型。目次1人物2略歴3入場テーマ曲4主な得意技4.1打撃技4.2投げ技4.3パワーボム系投げ技4.4スープレックス系投げ技4.5関節技4.6フォール技5獲得タイトル5.1プロレスリング・ノア5.2全日本プロレス5.3プロレス大賞6人柄6.1練習内容、試合態度6.2性格6.3プライベート6.4その他7通り名など7.1通り名7.2キャラクター8付け人9出典10参考文献11関連項目[編集]人物1990年代後半から2000年代を代表するプロレスラーの1人。鍛え上げられた肉体と、感情を前面に出したファイトスタイルで相手選手・試合順・会場を問わず、観客を沸かせる。その試合センスから、東京スポーツ主催のプロレス大賞、日刊スポーツの読者が選ぶMVPなど、多くの受賞経験を持ち、ファンだけでなく識者からも幅広い支持を得ている。プロレス以前のスポーツ歴において著名な実績は残していないが、並外れた努力を重ね、現在では実力、人気共に国内トップクラスの選手の1人である。リングネームは全日本プロレス所属まで本名の「小橋2ショットチャット」だったが、2000年にノアが創設されたのを機に新しい自分を建てるという意味を込めて「小橋建太」に改名。2006年7月18日の高山善廣復帰戦に際し、小橋と高山がタッグを組むことで話題を集めたが、2006年6月29日、精密検査で腎臓癌が見つかり、手術・治療のため長期欠場。7月に腹腔鏡下手術を行い、無事成功。189日後の12月10日の日本武道館大会に姿を見せ近況を報告。2007年10月27日の日本武道館大会に姿を見せて、復帰戦の対戦カードを自ら発表。そして12月2日のtikinramenのblog大会で、546日ぶりとなるリングに復帰した。2008年の上半期は会場限定で出場を行い、2月26日にデビュー20周年記念試合が行われた。その後、海外遠征やイベント、単発興行にも出場。8月シリーズより全戦出場を果たしたが、9月9日に右腕遅発性尺骨神経麻痺、両肘関節遊離体により再び欠場、手術を行った。欠場中も、サイン会、撮影会、トークショーには参加していた。2009年3月1日の日本武道館大会で176日ぶりに復帰し、復帰戦を勝利で飾った。[編集]略歴この節に雑多な内容が羅列されているので、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。(2008年4月貼付)1967年3月27日…京都府福知山市で生まれる。1982年4月1日…京都府立福知山高等学校入学。1985年4月1日…京セラに入社。1987年2月14日…プロレスラーになるため京セラを退職。一度書類審査で落ちるも、通っていたジム会長[1]の紹介で6月に全日本プロレスへ入団。1987年12月16日…後楽園ホール『ハルクレジットカード現金化 即日選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』で行なわれたバトルロイヤルで菊地毅とともにデビュー(当時コーチを兼務していたハル薗田が航空機事故で不慮の死を遂げ、教え子だった小橋と菊地は本デビューが近かったこともありバトルロイヤルへ加わることとなった)。1988年2月26日…滋賀・栗東町(現・栗東市)民体育館

森久保祥太郎

編集する前に:代表作については公式サイトでの記述がない限り編集合戦を誘発することになるので載せないでください。もりくぼしょうたろう森久保祥太郎プロフィール本名同じ愛称祥ちゃん クレジットカード現金化兄さん 森久保先輩出生地日本・東京都八王子市血液型B型生年月日1974年2月25日現年齢35歳所属VIMS活動活動時期1996年-デビュー作ミニ四ファイター(『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』)声優:テンプレート|カテゴリ森久保祥太郎(もりくぼしょうたろう、1974年2月25日-)は、2ショットチャットの男性声優。VIMS所属。東京都八王子市出身、京都府・埼玉県大宮市(現:さいたま市)育ち。日本大学第三高等学校卒業、多摩美術大学中退。血液型はB型、星座はうお座。身長165cm。体重57kg。3サイズは、C78cmW69(-1)cmH79cm足25cm。趣味は、ギターを弾くこと、スキー。声優業以外にも、歌・実写など幅広く活躍している。目次1人物2エピソード3共演・出演作について4出演作品4.1テレビアニメ4.2OVA4.3劇場版アニメ4.4ゲーム4.5吹き替え4.6実写4.7ラジオ4.8ドラマCD4.9BLCD4.10朗読CD4.11舞台4.12その他5ディスコグラフィ5.1本人名義5.2企画モノ・ユニット5.3バンド5.4キャラクターソング6関連項目7外部リンク[編集]人物元々は、仲間と立ち上げた小劇団に所属し、『タモリのボキャブラ天国』のネタ映像等で顔出しもしていた。劇団の公演を見た声優業界関係者のスカウトでオーディションを受け、『爆走兄弟現金化口コミ&ゴー!!』のミニ四ファイターで声優デビュー。さらに山寺宏一が『おはスタ』を欠席した際、『おはスタ』の司会代理をミニ四ファイターのコスプレ姿で2回程やった事がある(怪人ゾナーの正体でもあるが、98年のゾナーとしてでの再登場前はゾナーではなくミニ四ファイターと呼ばれていた)。シグマ・セブンに在籍の後、アーツビジョン系列の事務所『VIMS』に移籍。その後、アーツビジョン付属日本ナレーション演技研究所(コンゴ語 ~ショッピング編~ナレ)提供の『祥太郎・麻衣CUREHOUSE』、『VOICECREW(20代目。藤田咲と共に)』にレギュラー出演。日ナレ提供のラジオ番組は基本的に同養成所出身者が出演する事がほとんどであるが、VIMS移籍までクレジットカード現金化 即日ナレに何らかの形で関わった事が全く無かった森久保の抜擢は極めて異例である。高めの声質を持ち、クールな役から甘い二枚目の青年、元気な少年役や逆に口数の少ない男まで様々な役を担当している。また、トゲのある独特の声で、内面に狂気や凶暴性を秘めた二面性のあるキャラクターも巧みに演じ分けている。古巣の劇団である『おにぎりスキッパーズ』も一度は解散したが、『おにぎりスキッパーズ2』として再結成され、春秋年2回各一週間程度の公演を行っている。森久保も秋の公演を中心に参加している。声優としての仕事以外にも、ラジオパーソナリティとしてbayfmのDJやモバHO!のオリコンチャンネルといったラジオの仕事も多くこなしている。かなりの音楽好きで、自宅の部屋を改造してFreakOutStudioというスタジオを作った。自宅に所有するCDの枚数は2000枚にものぼる。自ら担当するラジオ番組でも好きな洋楽などを流す事が多い。そして、石川英郎と共にバンド『AN'sALLSTARS』を組み、ほとんどの曲の作詞作曲を手掛けている。2007年2月22日、声優のクレジットカード現金化悠と結婚、しかし約2年が経過した2009年1月14日、離婚。[編集]エピソード初めてのアフレコで、当時声優として未経験だったが為にペーパーノイズを起こしたという。また、その第1話の台本は1ページ目からいきなり4ページぶち抜きの長台詞だった。音響監督には「こんなに喋る役だとわかっていたら

「肉食女子」が多そうなイメージのある都道府県ランキング


 昔から秋田美人、博多美人に京美人なんていわれてきたように、都道府県ごとに住んでいる人のイメージを多少なりとも持ってしまうものではないでしょうか。そこでかねてから話題を集めてきた肉食女子にスポットを当て、「『肉食女子』が多そうなイメージのある都道府県」について聞いてみました。
 1位にランク・インしたのは《大阪府》でした。面白くてノリがいいというイメージが強い大阪の女性。そのノリのよさや明るさはお笑い文化の発祥の地ともいえる大阪ならではといえそうです。さらに大阪のおばちゃんが好んで着るというヒョウ柄の衣類もイメージとリンクするものがあるのかも…!? 次いで2位には《東京都》がランク・イン。3位には《神奈川県》が続き、日本を代表する大都市が上位を占める結果となりました。九州の都道府県が上位に数多く入った「『肉食男子』が多そうなイメージのある都道府県ランキング」に比べて、大都市を抱える県が上位に入った女子のランキング。男女の違いにも注目です。
 以前行った「『肉食女子』のイメージランキング」の1位は《積極的にボディタッチ》、2位は《自分からアプローチする》と、積極性が大きなカギを握っているようでした。人口の多さは肉食女子を生むのでしょうか!? みなさんがイメージする肉食女子が多そうな都道府県はどこですか?

■関連リンク
・gooランキング
・「肉食女子」が多そうなイメージのある都道府県ランキング
・「肉食女子」が多そうなイメージのある都道府県ランキング(ブログ貼り付け用ソース)

■関連記事
・ビジネス書籍2009年 年間売上ランキング

・「萌え」の必要性がわからないものランキング
・うんざりしてしまう友達の「○○自慢」ランキング

ケイティ・ホームズ、娘スリのハイヒール着用に対する批判に反論

トム・クルーズとケイティ・ホームズの3歳になる娘スリのファッションが、連日ゴシップ誌を賑わせている。

・トム・クルーズ&ケイティ・ホームズの娘スリ、3歳にしてワードローブは3億円

その愛らしさに称賛が集まる一方で、ハイヒールを履いて歩く姿が何度もパパラッチされるようになると、世の母親や小児科医などから「ハイヒールはセクシーなもので、3歳児には不適切」「危険」「成長の妨げになる」と、母親のホームズを非難する声が挙がるようになった。

それに対して11月29日、ロサンゼルスで行われたチャリティイベントに出席したホームズが口を開いた。米アクセス・ハリウッドの取材に応じたホームズは、「小さな女の子なら誰でもそうであるように、スリも私が履いているハイヒールが大好きで、自分も同じものが欲しいって言うのよ」とコメント。そのうえで、スリが履いているヒールは「子供用のダンシングシューズ」で、実際は危険なものではないことを強調した。

【関連記事】
・eiga.com映画ニュース ケイティ・ホームズが映画館で「ニュームーン」鑑賞中に迷惑行為?
・eiga.com映画ニュース ケイティ・ホームズ、リブ・タイラーの代役でロマンチックコメディに主演
・eiga.com映画ニュース トム・クルーズがボストンで妻ケイティ&息子コナーとジョギング
・eiga.com映画ニュース ケイティ・ホームズ、来日中に変身したロングヘア&ビューティ代は400万円!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。