スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「拉致被害者をすぐに返せ」1000人デモ(産経新聞)

 拉致被害者の家族らと菅直人首相の面会は、家族らの抗議デモと政府への要請文提出に合わせ、急遽(きゅうきょ)設定されたものだ。家族が6年ぶりのデモに及んだのは、民主党政権になって全く事態が動いていないことに対する憤りと、「拉致問題が置いてきぼりにされてしまう」との焦燥感からだった。

 面会で「皆さんの気持ちを受け止める。家族の怒りを思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と北朝鮮に圧力を強めていくことを約束した首相。胸には拉致問題への取り組みを示す「ブルーリボン」のバッジを付けていたが、増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で家族会事務局長の照明さん(54)は「菅さんがバッジを付けるのは初めて見た」。

 首相が面会を検討し始めたのはわずか2日前。8日の閣僚の任命の際、中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相が「拉致被害者家族の集会があり、ここまで歩いてこられるから一分でもお会いになれば」と持ちかけた。

 それに対し首相は「時間があるか、仙谷さん(官房長官)のところで検討する」と答えた。「自分が拉致問題に無関心みたいな評価が持たれている」との心配も口にしていたという。

 首相との面会を終えた家族らは、支援者ら約1千人と合流し、「すべての拉致被害者をすぐに返せ!」と国会周辺を練り歩いた。

 今回のデモは首相交代を見越してのものではなかった。「本当にいまこの状況を憂えている姿を(政府と北朝鮮に)見せたい」。横田めぐみさんの母、早紀江さんが今年3月、口にしたひと言に家族らが応じた結果だった。

 早紀江さんは「北朝鮮も日本のニュースを見ている。日本が拉致問題で沈黙していると思われるわけにはいかない。これだけ国民が怒っているということを示したかった」と語った上で、いまだ方向性が見えない政府の態度をこう批判した。

 「同じ子供を持つ親として本気で救うんだという気概を持ってほしい。何十年もヤミの中で助けを求めて叫んでいる家族がいるんです」(桜井紀雄)

【関連記事】
「まさにテロ国家」 拉致被害者家族「日韓で圧力を」
自民拉致特別委、人と金の規制強化を決議 
「政権の動き鈍い」 横田さん夫妻ら、拉致被害者救出求め大集会
「全員の母国帰還を」拉致家族に国連高等弁務官
寺越外雄さん、子供たちの出生届提出へ
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

鳩山路線の継承強調 菅新代表の「政見演説」と当選あいさつ(産経新聞)
「民主党全体とパイプがある」―菅新政権発足で原中会長(医療介護CBニュース)
参院選日程「一日も早く決めて」…選管が悲鳴(読売新聞)
新体制「今以上に左翼的」=谷垣氏(時事通信)
<AIM>脂肪塊溶かすたんぱく質 やせ薬候補に新薬開発へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)

 漫画家有志1421人と漫画雑誌などを発行する出版社10社が25日、東京都青少年健全育成条例改正案に反対する声明を発表した。

 「多様で多彩な表現方法とテーマを持つ漫画が、『漠然・不明確』かつ『適度に広範』なこの改定案の規制にさらされた場合、漫画作家の創作活動を萎縮(いしゅく)させ、漫画文化の衰退を招くことは必至」と訴えている。

 声明には、さいとう・たかをさん、一条ゆかりさん、浦沢直樹さん、講談社、小学館などが名を連ねている。

【関連ニュース】
淫行容疑:保育士を逮捕 愛知県警
石原都知事:性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」
東京都:予算成立 築地関連予算も可決
都青少年健全育成条例改正案:不明確な基準論議、表現の自由どう守る
ファイル:数字・言葉・経済 東京都青少年健全育成条例改正案、日弁連が反対声明

医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
理不尽な退職、許しません=市長らの退職金減額条例―横浜市議会(時事通信)
進めパトカー、救急車 交差点「青」で時間短縮(産経新聞)
色鮮やかで大きな“幻” 北海道北部・イトウ(産経新聞)
東国原知事「日本の畜産守るため、断腸の思い」(読売新聞)

<陸山会事件>小沢氏21日不起訴(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した小沢氏について、東京地検特捜部は21日に改めて容疑不十分で不起訴処分とする方針を固めた。議決後の再捜査でも小沢氏の指示などを裏付ける新証拠は得られなかったため、元秘書らとの共謀に問うことはできないと判断した。

 議決を受け、特捜部は小沢氏本人と、衆院議員、石川知裕被告(36)ら3人の元秘書から改めて事情を聴いた。石川議員は捜査段階と同様に「小沢氏に報告した」などと説明したが、検察当局は供述に具体性がなく信用できないと判断した。

 不起訴処分後に同審査会が第2段階の審査を行い、再び起訴すべきだと判断すると、小沢氏は強制的に起訴される。

【関連ニュース】
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」
陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も

<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
連れ子との婚姻届、法務局は民法規定に言及せず(読売新聞)
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議―警視庁(時事通信)
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案―国交省(時事通信)

5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を5月末までに決着させると公言してきたことについて「首相としての国民との約束だから、5月末までに私としてできる限りのことはする。それをしっかりやっている最中だ」と述べ、米国や沖縄などの一定の理解を得るため努力を尽くす考えを示した。
 首相公邸前で記者団が「5月決着は単なる努力目標か」とただしたのに対して答えた。政府は、米国や移設候補地の自治体、連立与党の合意を得た形での月内の決着を既に断念。首相も先に、移設案に関する「方向性」で一致できれば決着と言えるとの立場を示している。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
劇団民芸の北林谷栄さん死去(時事通信)
ペルーと来月EPA基本合意=鳩山政権で初、12例目(時事通信)
「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)
<横須賀線>女性はねられ死亡 5万人に影響(毎日新聞)

ハウステンボス HIS傘下で新装オープン 長崎・佐世保(毎日新聞)

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB)が28日、リニューアルオープンした。旅行業大手エイチ・アイ・エス(HIS、東京都新宿区)の傘下となり、社長に就任した沢田秀雄HIS会長と社員約250人が、午前9時の開門から来場者を出迎えた。

 新生HTBは、園内の約2割にあたる約15ヘクタールを無料ゾーンとして開放。入場料も値下げし、集客増を図る。大型連休中は、プリンセス天功さんのマジックショーやミュージカルなど多彩なイベントを展開し、入場者10万人(前年7万2000人)を目指す。

 初日は近くの保育園児らを招待。沢田社長は笑顔でチューリップをモチーフにしたマスコット「ちゅーりー」の風船を手渡した。報道陣に対し「今はまだ第一歩。お客様の声を聞きながら、楽しんでもらえるHTBにしていく。これから6カ月が勝負だ」と話した。

 29日からは園内に700種8000株のバラが咲き誇る「バラ祭」も始まる。【山下誠吾】

【関連ニュース】
<関連記事>ハウステンボス:リニューアルオープンへ 集客増目指す
<関連記事>ハウステンボス:新装へ GWの目玉ミュージカル「楽園」、長崎市民にPR /長崎
<関連記事>ハウステンボス:ホテル宿泊料、県民は半額以下--28日~6月30日 /長崎
<関連写真>ハウステンボス:恒例の年越しイベントに1万5000人
<関連記事>ハウステンボス、28日に再々出発 アイデア勝負の再生策

今度は尼崎の教会に消火器、室内に消火剤散乱(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾スタート 47法人を精査(毎日新聞)
廃虚・軍艦島に5万9000人上陸…解禁1年(読売新聞)
校長自殺報告書訴訟、名誉棄損を否定…最高裁(読売新聞)
首相に米訪問を説明=共産・志位氏(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。